スポンサードリンク

シャープ SJ-W351Cの口コミ どっちもドアで食品が取り出しやすくて不思議な感じ

どっちもドアを搭載したシャープのSJ-W351C。冷蔵室のドアをどちらからでも開閉できるので置き場所を選ばないですし、来客中はお客さんから見えにくい方向にドアを開けるといった使い方も可能ですね。

適度な大きさで使いやすい、省エネタイプの冷蔵庫

まず、冷蔵庫を買い替えるにあたって、正直シャープしか考えませんでした。この前もやはりシャープで、14.5年、故障なく働いてくれたからでして、他社は全く考えもしませんでした。他の家電で、安物買いの銭失いの経験もあり、長年つかうものだから、値段より、信用や実績、品質で選ぼうと決めてました。

この商品に決めた理由は、まず第一に、前とほぼ同じ、適度な大きさという事です。これ以上大きいと設置できないし、逆にこれ以上小さいと、収納面で、不便さがあります。高さも170センチ弱と、家内でも問題なく使えます。子供も巣立って行って、家族も減ると、このくらいの大きさでいい、という人も、結構いるんじゃないかとも思います。大家族なら別ですが。うちは今は三人なもので、十分すぎる大きさです。

二番目は、値段が、そこまで高くない、ということです。正直安くはなかったですが、シャープという信用料と思うと、満足ですし、大きさから考えれば、妥当な値段かなと思います。

三番目は、高級感溢れる外観です。色はシルバーメタリックといいますか。自分の生涯で、間違いなく最高の?冷蔵庫です。以前の白とは、全く比較にならないほど、かっこいいし、重厚感もあります。また、汚れも付きにいんです。白の時は、どうしても年数たつと、汚れが目立ち、掃除しても落ちにくかったのですが、雲泥の差です。

実際購入して、一番感じるのは、新しいから当然なのですが、良く冷えることと、前より扉が少し軽くなり、開け閉めしやすくなったことです。また、これは前のからでしたが。どっちもドア、といって、左右どちらからでも開け閉めできるのが、この型の最大の売りだと思います。使ってみると分かるのですが、とにかく便利。今までだと、奥にあって取りにくかった物が、簡単に取れるんです。少し不思議な感じがします。

それと、前のより、冷凍室が少し広くなりました。全体の収納量はほぼ同じなのですが、これも非常に助かる、家内は言ってます。というのは、うちの場合、冷凍食品を多めに購入するからで、前は冷凍室が常にぎっしりで、ほとんど詰め込み状態でした。そのあたり、最近の家庭の食生活なども、良く調査、研究してるな、と感じました。その分野菜室が、心持ちせまくなったようですが、不便さは、あまりないようです。

後、前のになかった機能として、節電モードボタンがあります。通常運転に比べ、約5~7パーセント節電できるそうで、実際電気代も、買い替えてから少し下がった気がします。今までの冷蔵庫は、放熱のため、背面を開けて設置しなければいけなかったですが、この型は、横から放熱するので、背面は、すきま不要で、くっつけてよく、その分広く使える気もします。

不便な点は全くありません。百点満点です。取り扱い説明書も、非常に分かりやすく、手入れの箇所、方法、頻度など、丁寧に、きちんと、分かりやすく記されてあります。お客って、実はこういうところ、

自分の立場に立って考えてくれるというか、そういうところをよく見てて、そういう売り手の姿勢を感じると、これからも、このメーカーから絶対に買おう、と考えるものなのです。

 

大分県 しん

どっちもドアは便利!省エネ性は平均的か

どっちもドアは食品の取り出しやすさがグッと上がるようでかなり便利そうですね。

省エネモードを搭載で昔の冷蔵庫と比べると省エネになっているとは思いますが、同容量の他の冷蔵庫と比べてずば抜けているわけではありませんので省エネ性が最重要という人は他のメーカーの製品とも良く比べてみたいところです。

SHARP 冷蔵庫 SJ-W351C-Sを楽天市場でチェック

シャープ 冷蔵庫 どっちもドア両開き 350L シルバー SJ-W351C-Sをアマゾンでチェック

シャープ SJ-W351CをYAHOOでチェック

スポンサードリンク

ジャパネットたかた限定モデル 東芝 GR-468FCの口コミ

ジャパネットたかた限定の東芝 GR-468FC。

おすすめのポイントを確認すると

  • 野菜室を真ん中に配置
  • 霜を抑える霜ガード冷凍
  • 野菜そのまま冷凍
  • 軽く触れるとドアが開く「タッチオープン」
  • 幅がスリム(462Lで幅65cm)

といったあたりのようです。

実際に使っている人から口コミをいただきましたのでご紹介します。

野菜室に飲み物を入れると便利

TVショッピングで価格に惹かれて購入しました。
容量は462L
夫婦と中学生、小学生の4人家族です。

まずは、良かった点として、冷凍室が大きくなった事、冷凍食品や、最近消費の多くなった肉類、買いだめをしたいけど、入らないといった事が少なくなりました。

特に大きな冷凍室上部に10cmぐらいの深さのトレーがついていて、アイスを箱買いしていれています。ホームランバーの箱(15cm×15cmくらいかな)これを
よく買うのですが、6箱ぐらいは余裕ではいります。箱から出せばさらに詰め込めます。

大きな冷凍室の下段(本体)にはお肉、冷凍食品を入れています。小分けした肉、週一で安売りしている骨付き鳥など、お弁当用の冷凍食品、2週間分は十分に確保できます。

さらにうれしいことに、大きな冷凍室の上部には小型の冷凍室があり、本来ここにアイスをいれてもいいんですが、かき氷用に氷を作ってストックしてます、となりは製氷室で、スーパーで売ってる氷の袋1個分が入るくらいの大きさで、当然ながら
自動製氷ですので、常にブロックアイスをキープ出来て助かってます。

そのうえは野菜室、真ん中に野菜室があるのが売りのようでしたが、確かに出し入れが便利です、特に我が家では、飲み物ペットボトルや瓶のような背の高いものを良くのみますが、冷蔵室の扉部分では当然収まりきりませんし、取り出すのも結構大変です。小学生には少し高さがあると思います。

しかし、野菜室の手前がちょうど、ペットボトルが入る高さなので、ここにコーラなどのペットボトルを入れています。取り出しやすく、冷蔵室を開ける事もないので、頻繁に取り出すペットボトルの置き場所としては、高さも、手前という場所も
とても気に入っています。

手前の部分だけで4~5本入るのでしまった冷やしてなかったということがなくなりました。

一番メインの冷蔵室ですが、いまはそれぞれの食品が少し余裕をもって並んで入ってます。
以前のようなすしずめ状態ではなく、整理が上手なほうではないですが以外ときれいにまとまっています。

冷蔵室下段には、チルドケースがあり、本来の使い方ではないですが、ここに子供たちがよく食べるこんにゃくゼリーとかチョコレート類をいれています。ルネキャットという除菌・脱臭の機能があるようですが、全然生かせていません。

扉部分は調味料やドリンク(牛乳やお茶)卵などを入れています。まあここは普通ですが、調味料入れは若干広く、使いやすいと思ってます。

扉はタッチで自動で開くタイプです。
最初は無駄な機能だと思ってましたが、手の甲でタッチして開くので、料理の途中でも汚れない、じつはかなり便利です。

悪い方ですが、まず色です。
ゴールドを購入したのですが、ホントに控えめなゴールドでよく言えば上品なゴールドなんですが、ぱっと見、シルバー?
という感じです。

それと操作パネルが野菜室の上部、冷蔵室をタッチで開けるためのセンサーに隣接して設置されてるので、野菜室を開ける際にたまに当たって少しイラッとします。
子供が操作しにくいもっと高い位置に操作パネルをつけていただければ、不満は全くないです。

でもコンパクトでたくさん入って
おおむね満足してます。やっぱり冷蔵庫は容量大事です。

カラーにこだわりが無ければ限定モデルじゃなくてもいいかも

野菜室など便利に使えている部分はたくさんあるようですが、他の量販店で買えるモデルでもそれほど差があるようには思えません(気づいていない点があったらすみません)。

同じ幅で500Lの冷蔵庫もありますし・・・

カラーがどうしてもレディシュゴールドでなければ嫌だという人以外はこのモデルを選ばなくてもいいのではないでしょうか。