2017年人気売れ筋の冷蔵庫 300L編 注目のメーカーは?

スポンサードリンク

300Lクラスの人気どころの冷蔵庫をチェックしてみました。

このクラスになると400L以上の人気モデルとは違ったメーカーが登場してきますね。

シャープ SJ-W351C 350L

毎回人気をチェックしていて思いますが、300Lクラスだとシャープの冷蔵庫はかなり人気が高いですね。

特徴はなんといっても「どっちもドア」。左右どちらからでも冷蔵室のドアを開けることができるので設置場所を選びません。引越しが多いという家庭にも良さそうですね。

保存関しては目立つ機能も無いのですが、高さが169cmとちょっと低めだったり、冷蔵室が床面から93cmになっていて背の低い人でも使いやすい配慮がされています。

トレーが折りたたみ式で大きなものが保存できるのもグッド。

自動製氷機能は搭載していませんが、製氷経路を掃除する手間がないのであまり氷を使わない人は逆にこちらのほうがいいかもしれませんね。

自動製氷機能が欲しいならプラズマクラスターも搭載したSJ-PW35Cを選ぶという手もあるようです。こちらはその分価格が高くなってしまいますが・・・

SHARP SJ-W351C-Sを楽天市場でチェック

シャープ 冷蔵庫 どっちもドア両開き 350Lタイプ シルバー SJ-W351C-Sをアマゾンでチェック

シャープ SJ-W351CをYAHOOでチェック

AQUA AQR-361E 355L

AQUAの冷蔵庫もこのクラスではけっこう定番な気がします。

AQR-361Eの特徴はなんといっても4ドアという点でしょう。このクラスでは珍しく冷蔵室、冷凍室2段、野菜室といった構造になっています。

冷凍室が2段なので食材の種類によって場所を変えたりと整理がしやすいでしょう。容量は上段冷凍室が42L、下段冷凍室が47Lとなっています。

野菜室には2Lペットボトルが4本収納可能となっています。

省エネ性能は年間消費電力量が469kWh、年間電気代の目安となっていて12663円とやや見劣りします。SJ-W351Cは11745円なので個人的にはそれほど大きな差はないと思いますが省エネにとことんこだわる人には向かないかもしれません。

価格は安めに設定されていて、このクラスで安く冷蔵庫を買いたいならチェックしておきたい一台です。

AQUA AQR-361E(S)を楽天市場でチェック

AQUA 【右開き】355L 4ドアノンフロン冷蔵庫 ミスティシルバー AQR-361E(S)をアマゾンでチェック

AQUA AQR-361EをYAHOOでチェック

日立 真空チルド R-K320GV 315L

日立のR-K320GVは315Lという容量ながら「真空チルド」を搭載しているのが特徴です。

日立の冷蔵庫に搭載されている「真空チルドは」気圧を下げて保存することで肉や魚の鮮度を保つ機能です。

300L台前半でこのような機能を備えた冷蔵庫は少ないはずですので、よく魚や肉を凍らせずに保存する家庭は注目の1台だと思います(真空チルドルームは6Lしかないのでその点は注意しておきたいですが)。

また315Lという容量もありますが幅が54cmとスリムです。

幅540x高さ1735x奥行き665mmと高さと奥行きは多少ありますが幅が54cmなので設置幅が取れない家庭も注目です。

年間消費電力量は390kWh、電気代の目安は10530円。今回ピックアップした3台のなかでは省エネ性も一番優秀です。

300Lクラスの冷蔵庫といっても機能が充実したものがいいという人はチェックしてみてはどうでしょうか。

HITACHI R-K320GV(S)を楽天市場でチェック

日立 315L 3ドア冷蔵庫(ライトシルバー)【右開き】HITACHI 真空チルド R-K320GV-Sをアマゾンでチェック

日立 真空チルド R-K320GVをYAHOOでチェック

このクラスは相変わらずシャープとAQUAが人気

ちょくちょく人気を調べているのですがこのクラスは毎回シャープとAQUAが人気ですね。シャープはどっちもドアが便利ということでしょうか・・・

AQUAは容量のわりに価格が安く手が出しやすいのが人気の理由でしょうね。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年2月19日 2017年人気売れ筋の冷蔵庫 300L編 注目のメーカーは? はコメントを受け付けていません。 ランキング