東芝 速鮮チルドの効果や評価のほどは?口コミアンケート

スポンサードリンク

アルミトレイによる冷却スピードと-4℃前後のうるおい冷気によってギリギリ凍らない状態で保存することによって食材の鮮度を保つ東芝の「速鮮チルド」。

パナソニックの微凍結パーシャルや三菱電機の氷点下ストッカーDと同じような機能ですが、効果のほどはどの程度でしょうか。

実際に使っている方の意見をもとに考えてみます。

実際に使ってみた速鮮チルドの効果について

イラスト

夫婦二人のみでよくスーパーでお刺身やお惣菜のローストビーフなどを買います。速鮮チルドモードにすると、常温に戻ってしまった商品もすぐに冷やされるので夕飯時には、新鮮なまま美味しさが保たれています。買い物から帰宅までいつも時間がかかってしまうので大変便利な機能です。

大阪府 りん

 

速鮮チルドを利用することによって低温での食品の保存というものが可能になり肉や野菜に美味しさを閉じ込められているような気がしたので普段よりも美味しい料理が作れるようになった気がして料理することも楽しくなりました。

メーカーが言っている通りの新鮮さのキープというものをきちんとできるという点には満足しています。

神奈川県 びん

 

普通のスーパーで購入した魚や肉をチルド室に入れ、備え付けのアルミトレイに置くと素早く温度が下がっていきました。
凍るわけではないので、今まで使用していた冷蔵庫の冷蔵で保存するよりも長持ちするし、冷凍するわけではないので質も落ちていないように感じました。

大阪府、しの

 

速鮮チルドを使うようになってから、食材を買いだめしてしても使い切りに焦ることなく使用することができるようになりました。

まず、肉は6日以上はきれいな赤色を保って保存できます。魚は4日程度でも色あせることなく食べられます。ただ、しっかりラップしたりと保存するためのパッキングが甘いと乾燥してしまってダメになってしまうことが多かったです。

収納は二段式になっているので、生鮮食品と加工食品や調理済み食品を分けて入れることができて衛生的に感じました。においのする食品を保存したいとき等も、分けていれることができて助かっています。

私はカレーやシチューの他、一週間のつくり置きおかずなども速鮮チルド室に入れて保管しています。以前のただの冷蔵庫に比べて、風味の低下が少ないように思います。

冷蔵庫の中の速鮮チルド室の位置は下の方にあるため、子供でも取り出しやすいという面でも気にいっています。

和歌山県 まみこママ

 

東芝の冷蔵庫の速鮮チルドについてですが、私の家では主に肉やお魚などを急速で冷やしたいと思っているので、こちらの速鮮チルドを使うことが多いです。

使ってみた感想としては、やはりメーカーが言っていたようにギリギリで凍らない程度の温度になりますので、肉や魚の管理には最適だなと思います。

しかし、長く保存することが出来るのかと言えば、そういったことはないと思います。やはり3日程度経過してしまい、賞味期限を超えてしまった場合には、味が落ちてしまいますし、こちらに入れておくとずっといつでも新鮮というわけではないと思います。

しかし、夏場などにその鮮度が気になる場合だったり、なるべく新鮮な状態で食べたいという場合には良いと思いました。私の家はその都度購入することが多く、何日も保存することがそれほどないので、あまり効果は感じられませんでした。

大阪府 ゆう

効果はある ただし過信は禁物か

みなさん効果を感じていらっしゃるようで肉や魚の保存に活用できそうですね。カレーやシチューといった料理の作り置きに活用している人もいて使い道は意外と広そうです。

ただ、長く保存できるかというとそうでもないという意見もあります。微凍結パーシャルや氷点下ストッカーDにも言えることですが、性能を過信せず自分の目で食品の保存期間を見極めるということも意識しておきたいですね。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加